会社休んで始めたブログ

趣味は喫煙。40を過ぎて調子がおかしくなった会社員です。
なぜかエアガンとバイクを発作的に購入。
それらで遊んでいるうちに気持ちもポジティブになってきました。

gスペのカスタマイズ①'

ピストン重量増加で初速を押さえようとしていましたが…変わりませんでした。

あれー?? (@_@)


弾の初速と、ピストンスピードは比例関係にあると予想して、「ピストン重さ×初速^2」で計算していたのですが…この考え方が間違っていたようです。

ショップの店員さんも、「ピストンの重さは初速と関係ないと思う」 と…(;´д`)ショボーン


じゃあどうするって、

①インナーバレルを短縮して、弾を押すエアの量を減らす➡初速ダウン

②スプリングの力を減らす➡初速ダウン

③エアブレーキを復活させる


と言う所ですが、加工技術的な観点から①、③は難しい…

特に①は遠距離での精度を落としたくないため採用したくない。

となれば…折角買った社外品のスプリングでしたが、ノーマルスプリングに戻します (T _T)


十中八九、これで97m/s程度に成るはず。

念のためまた弾速計りに行かなきゃ。


その前に、シリンダーヘッドにつけた緩衝材を撤去してみようかな…(悪あがき)

もしかしたら、短縮したエアブレーキが緩衝材の厚みによって、より「効かなく」なっているかも。

エアブレーキの効果はエアの射出音で判りそう。

効果が出ると良いなぁ。

緩衝材を剥がす前後の射出音を動画に撮って聞き比べた所、違いが有りました❗

エアブレーキの効きが復活していれば、初速は下がっているはず。

緩衝材はピストンのヘッドに付ければ良かったのかも。(それはそれでエアブレーキが効くタイミングで圧力が上がって、初速が上がる?)

何はともあれ、これで計測して駄目ならノーマルスプリングに戻そう…。

弾速計、やっぱり欲しいなあ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。