会社休んで始めたブログ

趣味は喫煙。40を過ぎて調子がおかしくなった会社員です。
なぜかエアガンとバイクを発作的に購入。
それらで遊んでいるうちに気持ちもポジティブになってきました。

シューティングレンジにて

先日の事ですが、シューティングレンジにお邪魔してきました。(千葉北フィールドさん)

写真は30m先の空き缶をスコープ越しにみたイメージです。

目視でみるより小さく写ってます。



結構当たるんです。6mmのプラスチックの弾が、30mも飛んでカツンとあたる。

ちょっと凄いですよね。良くできてる。

他のエアガンは撃ったことがないのでわかりませんが、このvsr-10 gスペックはよく当たります。

スコープはマルイの3-9倍のものをつけてます。


この日は風の影響もありましたが、中々の集弾率でした。


家でも廊下を使って、お座敷シューティングするときは、10m先の的に良くて5発程度は3cmの範囲に入ります。

(委託射撃なので、腕が良い訳ではありません。残念ながら(-_-;) )


弾が銃口を離れたときの弾の運動エネルギーには規定値があり、力押しだけでは弾は遠くに飛ばないのです。

遠くの的を弾をあてようとすると、弾にバックスピンをかけて、弾道を持ち上げる(ホップ)ことで弾の飛距離を稼ぎます。


また、弾の重さも様々あり(私が持っているだけでも0.2g,0.25g.0.3g)、重い弾ほど風の影響を受けにくく、弾がそれたりしにくいと言われています。


私がやりたいことは、重い弾で、なるべく弾道をホップさせずに(まっすぐに)遠くの的に当てる事です。このために色々弄ってきているわけですが、そろそろ弾道・ホップについて検討していこうかな、と思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。